コーヒー豆通販のカフェテナンゴ

コーヒー豆

【200g】 エル・インヘルト レセルバデ・ラ・ファミリア / グアテマラ (R:3)

7,560(税込)

75ポイント獲得できます

レビューはまだありません

数量

豆/粉

この商品について問い合わせる

アイテム説明
グアテマラの名門エル・インヘルト農園が毎年開催するプライベートオークション『Reserva del Comendador』で落札したパカマラ種。世界最高と言われるパカマラ種の凝縮された果実感と厚みのある滑らかな液体をお楽しみください。
Roast

R:3 / 中煎り
 
Profile

生産国:グアテマラ
エリア:ウエウエテナンゴ
標高:1750m
品種:パカマラ
精製方法:フリーウォッシュト
生産者:アルトゥーロ・アギーレ
 
フレーバーコメント


アプリコット、ピーチ、オレンジ、ブラックカラント、クルミ、ダークチョコレート
 


商品解説動画 -カフェテナンゴTV-


商品紹介
 

グアテマラのエル・インヘルト農園が毎年開催しているコーヒーオークション『Reserva del Comendador』でパカマラ種のReserva de la familia(レセルバ・デ・ラ・ファミリア)を落札しました。

エル・インヘルト農園のパカマラは、世界で最も素晴らしいパカマラ種と言われ、中米産スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴが自信をもってお勧めするコーヒーです。


世界最高のパカマラ種 その香りと味わい

アプリコット、ブラックカラント、ピーチ。果物が熟したときの魅惑的に甘い香り。そしてダークチョコレート、キャラメルの香ばしく、深く、厚みのある濃厚な甘さ。フルーツとチョコが一体となって限界まで濃縮された【インヘルトフレーバー】は、やはり健在だ。

シルキーな舌触りと丸く柔らかい柑橘系の酸がきちんと存在して甘さとのバランスが非常に良い。余韻が長く、心地よい酸が消えた後、再び果実の甘さが舌から浮かび上がってくる。

フレーバーが口の中で自由自在に動き回っているかのようで、捉えずらく、複雑だが、その個性は非常に明確で、享楽的なコーヒーであることに間違いはない。

そして液体が冷めた時、その特徴は、さらに増大し、加速し、温かい時とは違った驚きを飲む者に与えてくれることであろう。
 
上質な一杯

エル・インヘルト農園とは

グアテマラ北部のウエウエテナンゴ県 ラ・リベルタに位置する、現在4世代目の歴史ある農園。
約25年前にエルサルバドルから持ち帰ったパカマラ種がカップオブエクセレンスで3年連続1位を獲得し、一躍脚光を浴びる。スペシャルティコーヒー界で有名な農園は数あれど、今だに3期続けて1位の座に輝いた農園は、エル・インヘルト農園以外にはなく、コーヒー史に残る名農園であることに異論を唱える者はいない。

パカマラ種だけでなく、近年はゲイシャ種も名高く、ミクロモカと呼ばれるモカ種にも高い値が付く。イエローカツーラ、イエローカツアイ種の混合ロット『イエローナンセ』や混植区画から採れる『トラディショナル』も十分に美味しいが、忘れてはいけないのがブルボン種とマラゴジペ種だろう。

ここで育つブルボンは、テキシックというエルサルバドルで作られた選抜種がほとんどで、この土地との相性が良く、『ラス・マカダミアス』名義でCOE入賞の常連である。ここのブルボンが一番好きだと公言する業界関係者も多い。40年以上前に植えられたという大粒品種マラゴジペも特筆に値する。2011年にたった一度だけCOEに出品されたことがあり、そこで3位を獲っていることからも素晴らしい香味を持っていることが分かる。

素晴らしい気候と土壌。管理された栽培とバリエーション豊かな精製。各工程への深い理解と積極的な設備投資。品質への情熱は尽きることなく、今でもさらに上を目指している。

まだまだエル・インヘルト農園の時代は続きそうである。

赤く熟した実だけを摘み取る

レセルバ・デ・ラ・ファミリアとは

このレセルバ・デル・コメンダドールというオークションに出品されるウォッシュト精製のパカマラ種ロットは、例年2~3つに分かれている。

近年は、同じパンドラ区画から採れるパカマラ種の収穫日に違いによってロット分けされる傾向にある。

収穫日の違いというのは興味深く、早摘みのロットは風味が良くないというコーヒー業界の常識を覆したのもこのオークションのパカマラ種だった。早い収穫日のものでも遅いものでも良いコーヒーは素晴らしい香味を持っていることがエル・インヘルトのパカマラで証明されたのだ。

下の表は、今年のパカマラ種の2ロット。どちらも同じパンドラ区画で収穫され、フリーウォッシュト(ソーキングあり)で処理をされている。ちなみに精製処理は、P3(ピーク・パフォーマンス・プロセス)と呼ばれ、豆の個性を最大限に活かした方法とされている。
 
収穫日    ロット名    乾燥方法
2020年2月24日    レセルバ・デル・コメンダドール    温室の中の網棚
2020年3月17日    レセルバ・デ・ラ・ファミリア    温室の中の網棚

カフェテナンゴで扱うのは3月17日摘み取りの『レセルバ・デ・ラ・ファミリア』。

遅い摘み取り日の為、カッピング時点ではコメンダドールのほうがフレーバー豊かに感じることもあるが、半年~1年経つとファミリアの追い上げが始まる。
 
エル・インヘルト農園内


カフェテナンゴとエル・インヘルト農園

カフェテナンゴとエル・インヘルト農園のつながりは、10年前にさかのぼる。
創業前から農園を訪問し、交流を深めてきた。以下は、ブログからの文章で初めてエル・インヘルトに行ったときのことだ。


<店主ブログより再構成>

初めてこのエル・インヘルト農園を訪れたのは2007年だと記憶している。
グアテマラのウエウエテナンゴにあるアナカフェ(グアテマラのコーヒー協会)の地方事務所でエル・インヘルトに行きたいから道を教えてくれと頼んだ。「アポなしで入れてくれるかどうか分からないよ」と言われたが、断られたら帰ってくればいいだけのこと。1人で農園へと向かった。
2時間近くをかけてたどり着くと、高く張られたフェンスの向こう側にはパティオがあり、大勢の人がコーヒーの乾燥作業をしていた。【御用の方はベルを鳴らしてください】と書いてあるが、そのベルは高く巻き上げられとても届かない場所にある。仕方なくフェンスをつかんでガチャガチャとゆすっていたら、1人の男が気が付いて近づいてきた。「何か用か?」「日本から農園を見にきたんだ。中を案内してもらえないだろうか?」「ちょっと待ってろ。責任者を呼んでくるから」。乾燥場の責任者が来たので、同じことを伝えると、「そうか。では管理人を呼んでくるから待ってろ」。農園全体の管理人が来たので、もう一度同じことを伝えると、農園主に伝えてくるからと言って去っていった。それから5分くらいすると坂の上の方から管理人と農園主アルトゥーロが一緒に降りてきた。そこからカフェテナンゴとエル・インヘルトの交流は始まった。
 

【農園主アルトゥーロのカフェテナンゴ深沢店訪問】

今でもエル・インヘルト農園のアルトゥーロは、来日するたびにカフェテナンゴに来てくれる。

一緒にエル・インヘルトのパカマラを飲んで作柄や焙煎について評価しあうのがとても楽しく、勉強になる。

これからも長く付き合っていきたい。
 

【ローストによるフレーバーの違いを検証したときの写真】

この豆は入荷から2年くらいは変化を続けるほど息の長い豆なので、半年に一度飲んでみるとその成長ぶりが良く分かる。

この商品のば焙煎度は、シティロースト(R:3)です。
 


農園紹介


エル・インヘルトは、グアテマラ北部 ウエウエテナンゴに位置する農園。
ブルボン、パカマラ、ゲイシャ等多くの人気品種を栽培し、そのすべてが国内トップクラスの品質です。
Cup of Excellenceにおいては、すでに数えきれないほど1位を獲得していますが、中でも特に有名なのがパカマラ種による『3年連続1位獲得』です。この大記録は、この先も破られることはほぼ無いでしょう。
 

  • システム商品コード
    :000000000111
  • 送料について
    :コーヒー豆1kg以上お買い上げで送料無料 ※北海道・沖縄・九州は、300円

商品レビュー

レビューはまだありません

レビューを書く

Cheked Items最近チェックした商品

ページトップへ