ラ・リアのコーヒーはカフェテナンゴの通販でどうぞ

 

ラ・リア マイクロミル

ラ・リアについて

ラ・リアは、コスタリカのタラスにあるマイクロミル(小さな精製所)です。2006年に設立されて以来、真面目で丁寧な仕事でファンを増やしてきました。近年は、カップオブエクセレンスでは何度も上位入賞を果たし人気、実力ともにこの国を代表するミルに成長しました。ティピカ、カツーラ、カツアイといった中米の主要品種を始め、ケニヤのSL種やエチオピアまで数多くの品種を栽培し、ダブルウォッシュトやレッドハニーといったバリエーション豊かな精製方法を駆使し、見事なマイクロロットを数多く生産しています。

ラ・リアの入り口

コスタリカ サンタ・ロサ1900 品種と精製の違いを見極める

コスタリカの名産地タラスのレオン・コルテス地区にあるピエ・サン農園から、昨年に引き続き直接買い付けをしました。計3ロットで、品種は、全てレッドカツアイに統一。生産者、農園、品種が全て一緒なので、精製方法の違いが風味にどのように影響するのかを検証することができます。
 

1、ピエ・サン農園 レッドカツアイ種 ダブルフリーウォッシュト
2、ピエ・サン農園 レッドカツアイ種 ホワイトハニー
3、ピエ・サン農園 レッドカツアイ種 レッドハニー

 
香り高いコーヒーをお好きなロットから選べます


■ダブルフリーウォッシュトとはどのような精製方法なのか?

果肉除去機 ⇒ デスムシラヒナドーラ(ミューシレージリムーバー) ⇒ タンクにて綺麗な水に8時間漬け置き。
その後、手作業でペルガミーノ(パーチメント)を取り出して乾燥させる。通常のフリーウォッシュト工程にプラスしてソーキング工程が付け足されたものと理解すればよいでしょう。

ダブルフリーウォッシュトで精製されたコーヒーは、通常のフリーウォッシュトよりもさらにクリーンな澄んだ味になり、フレッシュな果実味が浮かび上がります。

中米を席巻しているハニー精製が果肉を残してナチュラル精製に近づきながらさらに強い果実味を表現しようとする一方で、このダブルウォシュットは真逆の方法によって果実味を際立たせようとする試みであるといえます

このレッドカツアイ種は見事に澄み切った赤い果実を想起させるのに十分な透明度を備え、研ぎ澄まされた美しさで飲む者の心を掴みます。最先端のコスタリカの香味を知ることができる洗練された逸品であることに間違いないでしょう。
 

■ホワイトハニー精製とは?

摘み取ったチェリーを、果肉除去機にかけて果皮と果肉をざっくりと取り除いた後に、デスムシラヒナドーラ(ミューシレージリムーバー)にかけて、果肉をさらに取り除き20%程度を残したまま網棚にて乾燥させる。
 

■レッドハニー精製とは?

果肉除去機で果皮と果肉をざっくりとったものをそのまま網棚に干します。デスムシラヒナドーラ(ミューシレージリムーバー)は使いません。かなり多くの果肉が付いたまま干すことになります。ナチュラル精製に共通するフレーバーがでることもあります。
 


【復習】ハニー精製とはどのような精製方法なのか?


摘み取ったコーヒーチェリーの果皮と果肉をパルパーにかけてざっくりと取り除き、ミューレージを残したまま乾燥させる方法のことです。

このときにどのくらい果肉を残すかがひとつのポイント。もう一つがそれをどのように乾燥させるか。この2点で風味が大きく変わってくると予想されます。

もともとは、セミウォッシュトとかパルプドナチュラルと言われる精製でしたが、わざと果肉を残す設定にしたものがハニー精製と呼ばれるようになりました。

大きいカテゴリーでは、ウォッシュトになりますが、味としてはウォッシュトとナチュラルの中間的なものと一般的には認識されているのではないでしょうか。

コスタリカでは、<ホワイトハニー><イエローハニー><レッドハニー><ブラックハニー>というふうに細かく呼び方が分かれていますが、他の中米諸国では呼び分けはあまりしません。『ハニーはハニー』です。

 

<精製の段階>

1のブラックハニーが最も多くの果肉を残して乾燥させています。下に行くほど果肉の量が減っていき、ウォッシュトに近くなります。(●は果肉の量を表しています)

0、ナチュラル   ●●●●●(丸ごと乾燥させる)

1、ブラックハニー ●●●●
2、レッドハニー  ●●●
3、イエローハニー ●●
4、ホワイトハニー 

5、フリーウォッシュト(ダブルフリーウォッシュト)

果肉を全て残す【0、ナチュラル精製】と果肉を全て取り除く【5、フリーウォッシュト】の中間にあたる1〜4がハニー精製ということになります。尚、コスタリカにおいて細かく呼び方が分かれているハニーですが、他の国々では定着していません。そしてコスタリカ国内でもどのくらいの果肉を残せばレッドハニーなのか、どのくらい削ればホワイトハニーなのかといった統一基準は存在しません。

 

【ピエ・サン農園】

ピエ・サン農園 ラ・リア
 
【ダブルフリーウォッシュト 生豆】
ピエ・サン農園 レッドカツアイ種 ダブルフリーウォッシュト
【ホワイトハニー 生豆】
ピエ・サン農園 レッドカツアイ種 ホワイトハニー
【レッドハニー 生豆】
ピエ・サン農園 レッドカツアイ種 レッドハニー

【ダブルフリーウォッシュト焙煎豆】
サンタ・ロサ1900 イエローハニー 焙煎豆

【ホワイトハニー 焙煎豆】
サンタ・ロサ レッドハニー 焙煎豆

【レッドハニー 焙煎豆】
ピエ・サン農園 ダブルフリーウォッシュト 焙煎豆
<品種 レッドカツアイについて>
コスタリカでは標高の高い場所ではカツーラよりもカツアイが多く植えられているようです。
カツーラ種は、標高が上がると生産性がだんだんと落ちると言われます。
しかしカツアイ種は、高い場所でも良く実を付けるそうです。

コスタリカの農園を見ていると、確かに高い場所に行くほどカツアイ種の作付割合が高くなるような気がします。


コスタリカのレオン・コルテスに位置するピエ・サン農園
 
ラ・リアのオスカルがカフェテナンゴに来店

ラ・リアのオスカルがカフェテナンゴに来店し、農園、品種、精製方法のことなど情報交換。

オスカルが来店

これからも交流を深めてラ・リアのコーヒーを日本で沢山販売したいと思っています。

本当に大好きなマイクロミルです。
 
ラ・リアの『ラ・トリニダード農園』は、2015年カップオブエクセレンス3位入賞!!カフェテナンゴでは、出張の際、授賞式にも参加しました。その時の様子や、インタビューの動画です。スペイン語です。

ラ・リア ピエ・サン農園/ コスタリカ

価格で選ぶ > 1600円〜 > ラ・リア ピエ・サン農園/ コスタリカ
販売価格 円(税込)
購入数
すぐに購入

Add to Cartカートに入れる

ショッピングガイド

営業時間

中米産スペシャルティコーヒー専門店
コーヒー豆通販 カフェテナンゴ

営業時間 9:00〜19:00

定休日

水曜日 ※祝日の場合は営業(年末年始、お盆、産地出張等で長期休業することがあります。 当サイト内カレンダーを参照ください。)

店休日に頂いたご注文やご質問へのお返事は、翌営業日のお返事となりますのでご了承くださいませ。 ご注文は24時間受け付けております。

連絡先
〒158-0081
東京都世田谷区深沢5-8-5NEビル102
株式会社カヤヌマコーヒー
スペシャルティコーヒー専門店
コーヒー豆通販のカフェテナンゴ
TEL:03-5758-5015
Mail:info※cafetenango.jp
(※を@に換えてメールしてください)
代表:栢沼 良行
ご注文について
カフェテナンゴでは、ネットでのご注文を24時間365日受け付けております。
ご注文いただいたコーヒー豆は、速やかに鮮度を保った状態で出荷いたします。
お支払いについて
以下の方法からお選びいただけます。
※詳しくはこちら>>>

<代金引換>ヤマト運輸

<銀行振込・振替>
銀行振込・振替

<コンビニ決済>
コンビニ決済

<クレジットカード>
クレジットカード

送料について

コーヒー豆1kg以上お買い上げで送料無料

会員の方は送料200円OFF ⇒送料詳細
⇒会員登録はここをクリック

配送について

朝10時までのご注文は即日発送可!
詳細につきましてはこちらのページをご覧下さい。

宅配業者…ヤマト運輸

返品について
  • お客様がご注文した商品と異なる商品が届いた場合
  • お届けした商品に欠陥があった場合

上記につきましては商品の返品と交換を迅速にお請け致します。
商品発送後のお客様のご都合による良品商品の返品・交換は一切お受けできませんのでご了承下さい。詳細はこちらのページをご覧下さい。